用語集

用語集

ら行

流産[りゅうざん]

妊娠21週6日以前で、妊娠が継続できなくなることを流産という。

卵胞[らんぽう]

卵巣内にあって卵子を包んでいる。なかの卵子が飛び出した排卵後は黄体に変わり、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを分泌する。

卵胞刺激ホルモン(FSH)[らんぽうしげきホルモン]

脳下垂体から分泌されるホルモン。卵巣に届いて卵胞を刺激し、卵胞の成長をうながす。

卵胞ホルモン(エストロゲン)[らんぽうホルモン]

卵巣刺激ホルモンに刺激された卵胞から分泌される。月経の直後から排卵期にかけて分泌量が増え、子宮の内膜を厚くし、妊娠に備える働きをする。また、排卵前にはおりものの分泌を増やして、受精のために精子が子宮の中に入りやすい環境をつくる。排卵が終わると卵胞ホルモンの分泌は減り、おりものの量も減少する。(→女性ホルモン

卵巣[らんそう]

子宮の左右両側にある卵子をつくる女性器。女性ホルモンの卵胞ホルモン、黄体ホルモンを分泌する器官でもある。

卵管水腫[らんかんすいしゅ]

卵管に身体の組織液が異常にたまって、卵管をふさいでいる状態。このため、精子が卵子にたどり着けないなど、不妊の原因になる。

卵巣機能障害[らんそうきのうしょうがい]

脳の下垂体から指令を受けて女性ホルモンを分泌するという卵巣の本来の働きに障害がある状態。ホルモン分泌に異常が起り、月経や排卵が止まるなどの症状があらわれる。

ま行

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm