1. ホーム
  2. 生理のお悩み相談室
  3. 生理の知恵袋 ココロ編
  4. 生理時はイライラが止まらない。。

イライラ/憂鬱

生理時はイライラが止まらない。。

生理前や生理中は、普段なら笑い飛ばせる冗談や行動にもイラっとして、口調もつい厳しくなっちゃう...

ソフィしなやか心理学

しなやかでいるために、ココロのことをもっと知ってみよう!
心理コンサルタント晴香葉子先生によるココロエをそっと教えちゃいます。
明日からさっそく試してみちゃおう♪

晴香葉子先生のプロフィール
※晴香葉子先生のサイトへ移動します

はるか ようこ
晴香 葉子先生

今回のココロエ
にっこり笑顔で心を穏やかに!

意識的にパッと目を開いてから、にっこり微笑んでみましょう!微笑むことで幸せホルモンが分泌され、穏やかで楽しい気分になってきます。

生理前や生理中は、頭痛がしたり腰が痛くなったり…。その上に仕事の忙しさや恋愛のトラブルなどが重なると、もうとたんに余裕がなくなってしまいます。いつもなら笑い飛ばせる上司や同僚の冗談にもイラっとして、「はぁ?」という顔をつい見せてしまったり。余計なおしゃべりを続けている同僚たちを「じと~」という目で見てしまったり。何度も同じことを聞いてくる後輩に、厳しい口調のメールを送ってしまったり。
後になってみると「あれはちょっとまずかったかな?」と思うこともよくあるものです。

特に生理前や生理中など気分の優れないときというのは、ちょっとした緊張状態にあり、いろいろなことを早く済ませたいという意識も働きますから、相手の言葉や行動への反応も敏感になり、つい雑な対応になってしまいがちなのです。
しかし、そのようなときこそ、意識的にパッと一瞬大きく目を開いてから、にっこり微笑んでみてください。不思議なほど穏やかな気分になれますよ。

悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しい

身体変化の認知が情動を生むという考え方をジェームズ・ランゲ説といいます。泣くとよけいに悲しくなる、「じと~」と見るとよけいに不快感が募る、厳しい口調で話すとさらに頭にくるのです。相手にイラッとくると眉間にしわがよるものですが、その瞬間に意識してパッと目を開き、にっこりと微笑めば、不快感が増大するのを防ぐことができますし、穏やかで楽しい気分になってきます。

フェイスフィードバック効果

アメリカの大学で、エンピツを横に咥えて笑顔をつくったグループと、ストローのように縦に咥えてしかめ面をつくったグループに、同じ漫画を読ませたところ、笑顔をつくって読んだグループの方が「おもしろかった」と答えました。このような効果をフェイスフィードバック効果と呼んでいます。笑顔に似た表情をつくると"快"に関係した神経伝達物質ドーパミン系の神経活動に変化が生じ、楽しくなってくるからだと考えられています。

笑顔をつくると、幸せホルモンといわれるセロトニンも分泌されるため、幸福感を得やすくなるとも考えられています。とはいえ、仕事中にずっとへらへらしていたらかえって変に思われてしまうかもしれませんよね。コーヒーを一口飲んだ後にキュッと口角を上げてみたり、誰かから話しかけられたら、いつもニコッと笑顔で振り返るなど、ビジネスシーンや日常生活に無理なく取り入れてみてください。

ココロに効く豆知識“表情は世界共通語?”

アメリカの心理学者エクマンが中心となったチームは、西洋人と交流のない国を訪ねて、怒りや恐れ、喜びなど、基本的な感情を表現している写真を見せ、その表情判断が一致するかを調べました。その結果、表情というのは持って生まれる世界に通じる表現方法であることがわかりました。生まれて数十分の赤ちゃんも、本能的に人の顔を探し、相手の表情を真似るようになることがわかっています。微笑むだけで「ここは安全」というメッセージになり、相手を安心させることもできるのです。

イライラしがちな生理前や生理中にぜひ試してみてね♪ イライラしがちな生理前や生理中にぜひ試してみてね♪

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm