About the Program

みんなの
生理研修とは?

「みんなの生理研修」は、生理に関する知識向上と
職場における相互理解を促進する研修プログラムです。

義務教育以降改めて学ぶ機会が少ない
「生理の仕組み」などの基本的な知識をはじめ、
一人ひとり異なる生理にまつわる様々な不調や悩みについて学べるプログラムになっています。

生理がある人も、そうでない人も、この研修を通じて
一緒に学び、話し合うきっかけを作っていくことで、
お互いのことを思い合いながら
コミュニケーションが取れる職場環境づくりにつなげていくことができます。

また生理がある人にとっては、
様々な生理ケアの選択肢について知識を得ることで、
自分に合った適切なケアを見つけ、
生理期間を少しでも快適に過ごせるきっかけにも
なります。

Project Movie

- Benefits -

実施のメリット

Benefit

1

職場の心理的安全性を高める

健康マネジメントの一環として、身体の仕組みについて正しい知識を身につけることで、性別を問わず職場での心理的安全を得ることにつながります

Benefit

2

思いやりのある対話の促進

研修で得られる知識に加えて、職場の同僚同士でのグループディスカッションを通して「生理の症状にも、生理の捉え方にも個人差がある」ということを知ることが、職場において相互を思いやるコミュニケーションを促す一歩となります。

Benefit

3

社内制度のアップデート

日常的に接点の多い同僚同士に限らず、経営層や管理職層の方々にご参加いただき、DE&Iの観点から生理への向き合い方を学ぶことで、会社の制度や福利厚生、健康診断の在り方について見直したり、検討いただくきっかけにもつながります。

- Achievement -

実施企業実績 順不同

and more...

地方自治体、教育機関

and more...

*対面、オンライン実施の場合
動画ご提供プランでも80%以上の満足度回答を
頂いています。

生理経験のあるなしに関わらず、『知っていく』ことで、

職場にも相談しやすい環境をつくっていくことが大切と感じた

男性が知らないであろうこと、女性が不安・心配になりがちなポイントなど、とても勉強になりました。基礎知識も細かいところまでは知らないことも多かったので勉強になりました

生理に対する男性側の意見を聞く機会や女性同士で生理について話し合う機会が今までなかったので、 とても貴重な時間でした

- Program Plans -

コースプランについて

いずれかのプランをお選びいただけます。

講義パート動画

無償ご提供プラン

講義パート+グループディスカッション

対面、又はオンライン講師派遣プラン

講義部分は2部制になっており、

生理経験のある方、ない方、どちらのパートもご参加いただくことを推奨しています。

講義パートに加え、グループディスカッションもご提供。

職場内での相互理解を深めることに役立てていただけます。

講義パート:60分 ※質疑応答含む

「生理の基礎知識」

生理やPMSを中心とした、カラダのメカニズムについて分かりやすく解説。そして生理に関連して、中長期的に意識してほしい婦人科系の疾患や更年期についても触れています。産婦人科医師の先生によるわかりやすい解説です。

*PMS=月経前症候群

「生理ケアの選択肢」

生理用品の多様な種類や特徴を解説しています。

実は、生理用品の正しい使い方を知らない方が多く、ご参加者にご好評いただいています。自分のライフスタイル・職種に合った生理ケアの知識をもち、少しでも生理期間を心地よくすごしていただくきっかけになります。

グループディスカッション:30分

職場内での相互理解を促すグループディスカッション(1グループ4-5名想定)

Q & A

動画提供プランの動画に関して、利用期限はありますか

閲覧用のURLをお渡ししてから、3ヶ月を利用期限としております。

遠方なのですが、対面での講義は可能でしょうか?

別途、講師の出張費をご負担いただければ、全国での講義も可能です。

講義の内容はカスタマイズ可能でしょうか?

可能です。その場合、追加ご希望の内容について、別途お打合せにてお伺いできれば幸いです。

また内容によっては別途費用のご相談もさせていただく可能性がございます。

講義パートの後半(生理ケアの選択肢)ですが、男性が学ぶ事として、少し抵抗があります。

視聴いただくことを推奨しております。

生理期間に、生理のある方がどういった製品を長時間身に着けたり、交換する必要があるのかを知っていただくことが、生理中の業務環境を理解する基礎になると考えております。

どういう規模、業種の企業からのお申込みが多いですか?

企業規模や業種は様々です。過去、お申込みされた企業は、IT、小売、メーカーなど多岐に渡ります。また、大学などの教育機関や自治体からのお申込みも増えています。

どういう部署からのお申込みが多いですか?

人事やダイバーシティ関連の部署の方からのお申込みが多いですが、特に制限はありません。広報や現場の方からのお申込みもあります。

どういう理由でのお申込みが多いですか?

女性社員が増えてきているため、働きやすい環境づくりのために実施したいという理由でお申込みされる企業が多いです。特に、男性社員が生理について理解を深めることで、生理時の不調を女性社員が相談しやすい雰囲気をつくりたいと考えられているようです。

受講対象者を教えてください。

特に制限はありません。全社員を対象に、年齢も性別も関係なく、受講希望者であれば誰でも受講できるように実施されている企業が多いです。中にはマネジメント層は必須にされているケースもあります。