乳がんってどんな病気?乳がんの基礎知識

乳がんってどんな病気か知っていますか?毎年年間9万人が新たに乳がんにかかるといわれており、生涯で乳がんにかかる割合は9人にひとり。まずは乳がんについて理解しよう!
  • 早期発見・適切な治療で90%が治るがん

    乳房には、乳腺という母乳を作る器官があります。乳がんは、乳腺にできる悪性の腫瘍です。代表的な症状は、しこりです。そのほか、皮膚のくぼみ、乳首の陥没、乳頭からの分泌物などさまざまです。乳房の変化に気付かず放っておくとがんが肺や骨など乳房から離れた臓器にまで及びます。早期に発見し治療すれば90%以上が治ると期待されています。

  • 日本人女性の9人に1人

    一生涯に乳がんを発症する日本人女性は現在9人に1人といわれています。
    乳がんが増えた背景には、女性のライフスタイルの変化(出産回数の減少、出産・授乳経験のない人の増加、初経年齢の上昇、晩婚化)や、食生活の欧米化などがあります。

  • 乳がんのピークは40〜50代

    乳がんは30代後半から徐々に増え始め、40~50代は注意が必要です。最近は60代も増えてきています。40歳以上は2年に1回のマンモグラフィを含む定期検診と、月に1回のセルフチェックを。
    また、30代以下の方も、日頃から乳がんに関心を持ち、月1回のセルフチェックをお勧めします。少しでも異常を感じたら、検診を待たず、すぐに専門医(乳腺外科等)の診察を受けるようにしましょう。

  • 乳がんの要因は1つではない

    乳がんは、何か特定の原因がわかっているわけではなく、複数の要因が集まることで発症すると言われています。特に下記の項目に当てはまる人は、乳がんになりやすいと言われています。

    • 運動不足の人
    • たばこを吸い、お酒をよく飲む人
    • 肥満の人・閉経後太った
    • 初潮が早かった・初産が30歳以降・出産経験がない・閉経が55歳以上
    • 乳がんにかかった家族(第2度親近者以内)がいる人

  • 40代以上の女性は2年に1回の検診を

    乳がんの早期発見に1番有効なのは検診です。乳がん検診には、触診やマンモグラフィ(乳房X線撮影装置)、超音波検査などがあります。マンモグラフィや超音波では、触診ではわからない小さながんを発見できます。
    早期発見のために、40歳には乳がん検診をスタートし、2年に1回定期的に受けるようこころがけてください。

  • 自分で発見できる数少ないがん

    乳がんは「自分で発見できるがん」と言われています。
    早期発見のため月に1回、乳房を目で観察したり、触ったりするセルフチェックを習慣にしましょう。セルフチェックはこちら

監修:公益財団法人日本対がん協会

もっと知りたい方へ
もっと知りたい方へ

  • ピンクリボンフェスティバル公式サイト

    ピンクリボンフェスティバルの歴史やイベント情報をはじめ、協賛企業などのピンクリボン活動や関連商品を紹介しています。

  • 公益財団法人日本乳がん協会ホームページ

    がんの知識の普及、啓発や、がん検診によるがん予防運動を全国的に展開する公益財団法人日本対がん協会のホームページ。乳がんについてQ&Aや啓発ビデオでわかりやすく解説しています。

  • 乳がんをなくす「ほほえみ基金」

    同協会にできた乳がん征圧のための活動基金。マンモグラフィ検診機器の整備、患者・治癒者のグループの活動支援、広報活動やがん相談、検診技術者の研修などに活用されています。