生理の基礎情報

生理不順(月経不順)

「月経不順」とひとことでいっても、月経期間の長さ、周期の長さ、周期がバラバラで一定しないなど、悩みの内容も原因もさまざまです。月経周期や期間には個人差があるとはいえ、不順の原因の多くがホルモン分泌のアンバランス。それぞれの症状にあった適切なケアが必要になってきます。

月経周期の統計

月経周期の統計

体験談

  • 生理が2ヶ月に一度しか来ません。婦人科にかかったところ、ストレスによるものといわれました。基礎体温も測っていますが、月経前には高温期になっています。子どもがはやく欲しいのですが、ストレス解消が先決のようです。(新婚1年目アツアツ・25才)
  • 21日周期なので、サイクルが短すぎる気がして、不安なのですが。(ゆっきー・29才)
  • いまだに周期が定まらなくって。28日くらいで来たと思ったら、48日になったりと毎月決まっていないんです。(ゆめ・31才)
  • このごろ遅れ気味で、しかも来ても2~3日で終わってしまいます。量も少ないように思います。環境の変化とか、思いあたることはないのですが……。(サッチ・24才)

月経不順の原因は?

ホルモンバランスの乱れに注意

月経の周期や期間が定まらないのは、女性ホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。
月経は基本的には女性ホルモンの卵胞ホルモン黄体ホルモンによってコントロールされていますが、実際の体内のホルモン分泌のメカニズムはより複雑。脳の視床下部[ししょうかぶ]、脳下垂体[のうかすいたい]、卵巣という3つの器官が関係し合っているため、そのうちのどれかひとつにトラブルが発生すれば、すぐに月経に影響が出てしまうのです。
⇒「女性ホルモン」の項

ホルモンバランスの乱れに注意

月経の乱れはココロの乱れ

月経はストレスのバロメーターといわれるほどで、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与え、不順を起こすことが多いものです。現代社会では、月経不順の根本的な原因はストレスといってもいいほどです。強いストレスを一時的に感じただけで、周期が変わってしまうこともあるんです。

ホルモンバランスを乱れたままにしておくと、将来妊娠しにくくなったり、肩こり、頭痛、肌あれ、のぼせといった更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まって骨粗しょう症や生活習慣病のリスクが高まる危険性もあるので、なるべく早くストレスを解消し、安定した月経周期にもどしたいもの。長引くときは、婦人科や心療内科を受診してみましょう。
⇒「婦人科受診」の項

心と体の変化
月経中
女性ホルモンの分泌が最も少ない時期。下腹部痛、腰痛、吐き気、下痢、イライラ、頭痛、貧血、だるさ、むくみ、肌荒れなど不快な症状が起きやすい。症状がひどい場合は病気が潜んでいることも。
増殖期~排卵
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増え、女性が最も調子のよい時期。肌や髪にツヤがあり、気分もリラックス、思考もポジティブ。ダイエットの効果も出やすいので、いろいろチャレンジするならこの時期がいちばん!
分泌期(月経が始まる前)
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、心も体も不安定になる時期。乳房が張る・痛む、頭痛、肩こり、腰痛、便秘、下痢、肌荒れ、イライラ、憂鬱、眠気、過食など、PMSの症状が起きやすくなる。

月経不順の種類

稀発月経

月経の正常周期は25~38日間のサイクル。個人差がありますが、39日以上あいだがあく長い周期を稀発[きはつ]月経といいます。原因は、卵巣の働きが不十分で、ホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。

稀発月経でも排卵があれば妊娠・出産が可能ですが、無排卵周期になっている場合が多いことも。1~2ヶ月様子をみて、もとどおりになればいいですが、周期が長い状態が続くようであれば、ホルモンバランスの状態や排卵の有無を調べたほうがいいでしょう。

頻発月経

月経周期が24日以下という短いサイクルになることを頻発[ひんぱつ]月経といいます。原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。

頻発月経には、黄体ホルモンの分泌が不十分で、排卵日から月経開始までの期間が短くなる黄体機能不全の場合もあります。黄体ホルモンが不足すると、子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産が起こりやすくなることもあります。妊娠出産を望んでいる人は、はやめに婦人科を受診し、ホルモン分泌の状態(→「女性ホルモン」の項で紹介)を調べてみたほうがいいでしょう。

過長月経と過多月経

月経期間がダラダラと8日以上続く状態を過長[かちょう]月経といい、原因として、ホルモンバランスの乱れや子宮の病気が考えられます。

視床下部、脳下垂体、卵巣など女性ホルモンの分泌に関係する器官になんらかのトラブルがあって無排卵周期になっている、または黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっている可能性があります。

また、出血量が増える、経血にレバー状のかたまりが混じる、月経痛がひどいなどの症状がみられる過多[かた]月経のときは、子宮筋腫や子宮腺筋症子宮内膜炎子宮がんポリープなどの病気が原因になっていることもあるので要注意です。⇒「女性特有の病気」の項

過少月経と過短月経

経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血がわずかにつく程度で終わってしまうような状態を過少[かしょう]月経といい、月経が2日以内で終わってしまう場合を過短[かたん]月経といいます。女性ホルモンの分泌量が少ないため、子宮内膜の厚みが薄い、あるいは子宮自体の発育不全などのほか、甲状腺機能異常が原因のこともあります。月経は来ても排卵のない無排卵月経(→「基礎体温」の項で紹介)になっている場合も多いので、長いあいだ放置すると不妊の原因にもなります。場合によっては、ホルモン剤などでの治療が必要なこともあります。

プレ更年期の月経不順

卵巣の老化は、35才ごろから少しずつはじまっています。更年期の前段階のプレ更年期(30代後半~40代ぐらい)で、月経周期が乱れたり、経血量が減るなどの症状がある人は、閉経に向けての変化がすでに起こっているのかもしれません。
⇒「更年期」の項

閉経はふつう50才前後ですから、はやくから更年期のような状態がはじまると、老化もはやくなります。そのため、不足する女性ホルモンを補う治療が必要な場合もあります。⇒「無月経」の項(早発閉経)

婦人科には基礎体温表を持参して

月経不順には、さまざまな原因や症状がありますが、ここにあげた症状に思いあたる場合や、症状が長引くときは、一度婦人科で相談することをすすめます。

月経不順で婦人科を受診する際には、基礎体温表を持っていくようにします。専門家が基礎体温の変化を見れば、どの時期にどのホルモンが不足しているのかある程度推測することができるからです。⇒「基礎体温」の項「婦人科受診」の項

月経不順を感じたら…

月経不順を感じたら、自分の生活をきちんと見つめ直すことが大切です。急激に体重を減らすような間違ったダイエットはせずに、1日3食バランスよく食べて、十分な睡眠を取りましょう。また、月経不順の大敵、ストレスとじょうずに付き合うことも大切です。たとえばヨガやアロマテラピー、瞑想法や太極拳などといった自律神経のコントロールにつながる運動を日常的に行い、カラダにやさしい生活を心がけてみましょう。
⇒「ストレス」の項

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© 2016 Unicharm Corporation

unicharm