生理時のトラブル

女性ホルモンとその働き

月経はもちろん、女性のカラダとココロに大きな影響をあたえるのが女性ホルモンです。ホルモン分泌をよい状態にするためにも、そのメカニズムを知り、ココロもカラダもバランスのとれた生活を心がけることが大切です。

女性ホルモン分泌のメカニズム

脳からの指令で分泌される女性ホルモン

女性ホルモンとよばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類。これらのホルモン分泌をつかさどっているのは大脳で、視床下部脳下垂体卵巣というメカニズムが働いています。
下のイラストを見ながら、そのメカニズムを確認してください。

  1. 1.間脳にある視床下部は、血液中に含まれるホルモンの量をつねにチェックし、必要な時期を見はからって、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。
  2. 2.この指令を受けて、脳下垂体は性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)黄体化ホルモン(LH)を分泌し、卵巣にホルモンを分泌するよう命令します。
  3. 3.指令を受けた卵巣は、指示通りに卵胞ホルモンや黄体ホルモンを分泌します。
性腺機能とホルモン

性腺機能とホルモン

それぞれの女性ホルモンの働き

月経のメカニズムにそって、女性ホルモンの働きを説明しましょう。

それぞれの女性ホルモンの働き

  1. 1.脳下垂体から、性腺刺激ホルモンの卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されます。
  2. 2.卵胞刺激ホルモン(FSH)が卵巣に届くと、卵巣のなかにある原始卵胞を刺激し、そのうちのひとつが成長をはじめます。
  3. 3.発育した卵胞から、卵胞ホルモン(エストラジオール)が分泌され、これが子宮内膜に働きかけて徐々に内膜を厚くしていきます。
  4. 4.卵胞ホルモン(エストラジオール)の分泌量がピークに達すると、下垂体から黄体化ホルモン(LH)が分泌されます。
  5. 5.黄体化ホルモン(LH)が卵巣に届くと、成熟した卵胞は刺激され、なかの卵子が飛び出します。これが排卵です。
  6. 6.排卵後、卵子が出ていった卵胞は黄体というものに変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を多量に分泌しはじめます。このとき、卵胞ホルモン(エストラジオール)も少量ですが分泌されます。
  7. 7.黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜に働きかけ、受精卵(→「妊娠・出産」の項で紹介)がいつでも着床できるよう、準備をします。
  8. 8.受精が成立しないと、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストラジオール)の量は激減し、子宮内膜もはがれ、経血となってカラダの外に出ていきます。

ホルモンの分泌バランスをととのえて

女性ホルモンが乱れるとは?

よく「ホルモンバランスが乱れている」といいますが、これは女性ホルモンが順調に分泌されていない状態を指します。ただし、視床下部、脳下垂体、卵巣というホルモン分泌にかかわる器官のうち、どこの働きがうまくいってないのかは実際に調べてみないとわかりません。
各器官のホルモンの分泌状態は、血液検査で血中に含まれるホルモン量を測ればわかります。その結果、どのホルモンがどのくらい減っているか、あるいは増えているかをみれば、どこの器官がトラブルを起こしているのかがわかるのです。

ホルモンが乱れるとカラダ中に影響が

女性ホルモンが乱れると起りやすいのが、月経不順や無月経です。反対に、月経不順や無月経が続くときは、ホルモン分泌の調子が悪くなっている可能性が高いというわけです。
また、ホルモンがスムーズに分泌されないと、自律神経のバランスが乱れて、カラダ中に影響が出ることがあります。たとえば、卵巣の働きが落ちてきて女性ホルモンの分泌量が減ると、視床下部は昼も夜もフル回転してホルモンを分泌させようとします。そうなるとカラダはパニック状態になり、自律神経まで乱れてきて、頭痛やめまい、のぼせや冷え、イライラなどのトラブルも。これは間脳にある視床下部が、自律神経の中枢もかねているからです。つらいときは婦人科に相談してくださいね。

規則正しい生活でホルモン状態をベストに

大脳がストレスを感じると、ホルモン分泌が乱れてカラダの調子も悪くなります。反対に、好きな音楽を聞くなど心地よい刺激を受けていると、ホルモン状態が整って、カラダも元気になります。これは医学的にもちゃんと証明されていること。規則正しく、ストレスをためない生活を心がけることが、ホルモンをベストな状態に保っていくのに大切なことなのですね。

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© 2016 Unicharm Corporation

unicharm