生理時のトラブル

不正出血

月経以外に、性器から出血することを不正出血といいます。ホルモンのバランスがくずれて起こる場合もありますが、病気が原因で出血をみることも。自己判断はキケンなので、不正出血があったときはなるべく早く婦人科へ行きましょう。

月経の悩みチャート 不正出血

月経の悩みチャート 不正出血

不正出血の原因は?

病気が原因の器質性出血

月経以外で性器から出血があった場合、考えられる原因は大きくわけて2つあります。ひとつは、子宮ガン子宮筋腫子宮内膜炎膣炎(→「女性特有の病気」の項で紹介)など、子宮や膣などの病気によって起こる出血で、これを器質性出血といいます。
膣炎や子宮頸管ポリープ子宮膣部びらんなどがあると、セックスのときに出血することが多くなります。
⇒「女性特有の病気」の項

ホルモンの乱れが原因の機能性出血

もうひとつは、ホルモンバランスがくずれたために起こる出血で、これを機能性出血といいます。
ダラダラと出血が続く無排卵月経(→「基礎体温」の項で紹介)や、月経前に少量の出血が続く黄体機能不全などがあり、脳下垂体卵巣など、ホルモンの分泌に関係している器官の働きが落ちているなどのトラブルが考えられます。
⇒「無月経」の項「女性ホルモン」の項

月経と月経のあいだに出血する中間期出血

排卵期に、卵胞ホルモンの分泌が一時的に低下するために起こる出血です。
中間期出血自体は生理的なことで病気ではありませんが、気になるときは、基礎体温をつけてみてはいかがですか。ちょうど排卵のころにいつも出血するのであれば、ほぼ中間期出血といえるでしょう。

妊娠や全身の病気が原因の場合も

妊娠すると、初期に少量の出血が起こることがあります。今月の月経は量が少なめと思っていたら、妊娠していたということも。
また、数は少ないのですが、甲状腺ホルモン異常の病気などが関係して不正出血や無月経、過少月経などが起こることもあります。

不正出血の部位と原因を理解しよう

不正出血の部位と原因を理解しよう

原因 症状
1 卵巣機能不全による出血(機能性出血) 無排卵性月経や黄体機能不全などのホルモン分泌に関する部位の不調。
2 子宮内膜ポリープ 子宮内膜に発生する良性腫瘍をポリープという。増殖した子宮内膜の一部がポリープ状になり、子宮内腔に突出する。
3 粘膜下筋腫 子宮の筋層から内腔に向かって突き出る筋腫。月経時の出血が多くなり、不正出血もよく見られる。
4 子宮内膜炎 子宮内膜に細菌が入り込むことによって起こる炎症。下腹部の痛みや腰痛、膿の混じったおりものが出て、発熱を伴う。
5 卵巣腫瘍 卵巣にできる腫瘍の総称。全世代に発生する可能性があるが、原因は不明。
6 体がん 子宮体部の子宮内膜から発生するがん。不正出血や血性のおりものが自覚症状として挙げられる。
7 頸管ポリープ 子宮頸管の粘膜が増殖してできる良性腫瘍。腔内に突き出ることもあり、わずかな刺激で出血する。
8 頸管の炎症 子宮頸管に細菌が入り込むことによって起こる炎症。
9 膣部びらん 子宮頸管が赤くただれた状態になること。性交時に出血したり、感染が起こりやすくなり、炎症を起こすことも。
10 頸がん 子宮の入口付近から頸管に発生するがん。ヒューマンパピローマウイルス(HPV)の感染が大きく関与している。(主にHPV16、18型等が原因)
11 膣炎 原因や種類はさまざまで、トリコモナス原虫によって起こるトリコモナス膣炎や、カッテージチーズのようなおりものが増加するカンジダ膣炎などがある。
12 膣がん 膣壁に発生するがん。

※その他、全身の病気、血液の病気など

不正出血の治療

自己判断はさけて

出血の様子だけをみて、病気かどうかなど自己判断はできません。やはり診察を受けないと、原因は特定できないものです。
子宮ガンなどの病気が隠れている可能性もありますから、不正出血があったらすぐに婦人科を受診したほうがいいでしょう。⇒「女性特有の病気」の項

受診時には基礎体温表を

受診時は、基礎体温表が診断の大きな手がかりとなります。とくに、いつも月経不順で月経と不正出血の区別がつきにくいという人は、ふだんから基礎体温表をつけるようにしてくださいね。

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© 2016 Unicharm Corporation

unicharm