1. ホーム
  2. 生理のお悩み相談室
  3. ソフィ生理辞典
  4. 更年期(閉経前後の悩み)

女性のカラダ情報

更年期(閉経前後の悩み)

閉経前後のホルモンバランスの変化で、更年期にはカラダやココロにさまざまな症状があらわれます。症状のあらわれかたには個人差がありますが、必要以上に不安がらずに、今から正しい知識を身につけておきましょう。

更年期の診断自己チェック表

症状の程度に応じ、自分で点数を入れてください。その合計点があなたの更年期指数です。

症状 症状の程度(点数) あなたの点数
1 顔がほてる 10 6 3 0  
2 汗をかきやすい 10 6 3 0  
3 腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0  
4 息切れ、動悸がする 12 8 4 0  
5 寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0  
6 怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0  
7 クヨクヨしたり、ゆううつになることがある 7 5 3 0  
8 頭痛、めまい、吐き気がよくある 10 5 3 0  
9 疲れやすい 10 4 2 0  
10 肩こり、腰痛、手足の痛みがある 10 5 3 0  
11 トイレが近い、尿もれがある 10 6 3 0  
12 膣や尿道がヒリヒリする、性交痛がある 10 6 3 0  
1~12までの合計を記入してください。  

更年期指数の評価法

0~25点 じょうずに更年期を過ごしています。

26~50点 食事、運動などに注意を払い、無理をしないように。

51~70点 女性外来や婦人科を受診し、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けたほうがいいでしょう。

71~90点 長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。

91点以上 各科の精密検査を受け、更年期障害のみであった場合は、女性外来や婦人科で生活指導、カウンセリング、薬物療法など、長期的な対応が必要でしょう。

  • ※チェックの結果、薬物療法の必要なしと出ても、生活習慣病などの薬物療法は必要な場合もあります。(小山嵩夫著『女性ホルモンの真実』を一部改定)

更年期ってなに?

閉経の前後5年間ほどの移行期

更年期は、閉経の前後5年間ほどの期間をいいます。ちょうど女性のカラダが妊娠可能な状態から不可能な状態へと変わっていく移行期にあたります。閉経の年齢にはとても個人差があり、今の日本人女性の平均は50.5才。ですから、一般的には45~55才くらいを更年期と呼んでいるのです。

30代、40代での早発閉経も

最近では、30代から更年期症状があらわれる人も増えてきています。若くても、月経不順になり、更年期のような症状がみられるときは、放っておくとそのまま閉経する場合もあるので、気をつけましょう。

30代後半や43才未満で閉経することを早発閉経といいますが、このような人は、早くから更年期障害があらわれたり、骨がもろくなりやすい傾向がみられます。ホルモン剤で補うなどの治療を受けることをおすすめします。⇒「月経不順」の項

排卵が乱れ、月経が変化する

更年期には卵巣の機能が低下して、徐々に女性ホルモンの分泌量が減っていきます。そのため、ホルモンがアンバランスになり自律神経が乱れて、カラダやココロにさまざまな症状があらわれてくるのです。
まず、排卵のシステムが乱れるため、月経に変化が起こります。周期が短くなったり、量が変化したり、期間もダラダラと長く続いたり、2~3日で終わったり……。基礎体温を測っても、きちんとした二相性になりません。低温期と高温期の差がはっきりしない状態になったり、高温期があっても短くなったりします。

更年期障害

ホルモンの変化で起こる不定愁訴[ふていしゅうそ]

更年期には、ホルモンバランスの変化でさまざまな不調が起こります。具体的には、ほてり、のぼせ、発汗、冷え、肩こり、頭痛、動悸、めまい、イライラ、不眠、便秘、下痢など、いわゆる不定愁訴といわれる症状です。 症状の出方にはかなり個人差があり、とてもつらい思いをする人もいれば、とくに目立った症状も出ずに終わってしまう人もいます。更年期=更年期障害と思っている人も多いのですが、実際にはカラダの不調がとても強く、病院での治療が必要な状態のことを更年期障害と呼んでいるのです。

さまざまにあらわれる更年期症状

血管運動神経の異常 のぼせ ほてり 動悸 息切れ
精神神経の異常 頭痛 頭重感 めまい 耳鳴り 物忘れ 判断力低下 集中力低下 不眠 不安感恐怖感 疲労倦怠感
泌尿器・生殖器系の異常 頻尿 排尿異常 膣炎 性交障害
運動器官の異常 肩こり 関節炎 腰痛 筋肉痛
皮膚・分泌系の異常 発汗 唾液分泌増加 口内乾燥感 皮膚や粘膜の乾燥 膣炎 皮膚のかゆみ
消化器系の異常 食欲不振 吐き気 便秘 下痢 のどのつかえ
知覚障害 しびれ 知覚過敏 蟻走感[ぎそうかん](皮膚をアリがはっているような感じがすること) 知覚鈍麻

知識を持って前向きに受け止める

更年期障害の症状は、どれも日常的なものなので、実際に更年期障害と気づかないことがあります。かかりつけの内科などを受診しても原因がわからず、悶々として過ごす人も少なくないようです。更年期は老いの始まりというイメージが強いため、女性が認めたくない気持ちもよくわかりますが、だれもがいずれは迎えるものなのです。更年期症状は、ストレスや性格など精神的な面に左右されることが多く、真面目で神経質なタイプより、おおらかで明るいタイプのほうが症状を感じにくいこともわかっていますから、知識を持って前向きに受け止めたいものですね。つらい症状はガマンせず、気軽に婦人科へ相談するとよいでしょう。

更年期障害の治療法

セルフケアで日常生活の改善を

自分自身で日常生活の改善を積極的に行うことも大切です。自律神経の働きを整えるためのヨガや体操などを取り入れたり、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事をし、ハツラツとして毎日を過ごすことが、症状の改善につながるんですよ。

⇒「月経痛(生理痛)」の項「PMS【月経前症候群】」の項

女性ホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の治療では、たとえば頭痛には鎮痛剤、下痢や便秘には整腸剤など、それぞれの症状に対する薬物療法を行うのはもちろんですが、症状が強い人に女性ホルモンを補う女性ホルモン補充療法(HRT)を行うこともできます。

これは更年期に減少してくる女性ホルモンを外から補充することで、カラダの急激な変化を防ぐ治療法です。

とくに骨粗しょう症の改善には効果が高いため、老年期に多い骨折を防ぐメリットがあります。ほかにも、子宮体ガンや心臓病、アルツハイマー病にかかりにくくなるなどの報告もされています。ただし、体質に合わないこともありますので、全身的な検査を受けた上で、医師とよく相談して治療開始することをおすすめします。なお、更年期障害の症状と骨粗しょう症の治療に対しては健康保険の適用もできますが、HRTを行っている病院やクリニックはまだ限られているので、事前に電話などで問い合わせたほうがよいでしょう。

ゆっくりと症状を緩和する漢方薬

乳ガンや血栓症などの病気でHRTができない人、ゆっくりと症状を改善していきたい人には漢方薬で更年期症状を緩和していくのもひとつの方法です。また、HRTとの併用も可能ですから、組み合わせて使うこともできます。

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm