婦人病・婦人科

子宮ガン

子宮ガン(子宮頸ガン・子宮体ガン)

子宮の構造と子宮ガンの発生部位

子宮の構造と子宮ガンの発生部位

どちらも初期にははっきりした症状がない

子宮頸ガン、子宮体ガンとも、初期には、はっきりした症状がありません。しかし、不正出血や性交時の出血があったときは、念のため婦人科でチェックするようにしましょう。どちらも早期発見すれば大事に至ることはなく、治療時のカラダへのダメージも軽くすみます。

とくに子宮頸ガンは、初期であれば、お腹を切らずに膣から患部を切り取ったり、レーザーで焼いたりする治療が可能です。子宮を残すこともできるので、妊娠・出産、性生活にも支障はないですよ。子宮体ガンも、早期に見つかれば、手術をしても卵巣を残すことができます。

早期発見するためにも、子宮ガン検診は必ず受けるようにしましょう。

子宮体ガンは女性ホルモンが関係

子宮体ガンは、子宮の内膜にできるガンです。女性ホルモンや代謝系(肥満、高血圧、血糖、脂質異常)などの分泌バランスがくずれることが影響しており、子宮頸ガンとはまったく別の要因で起こると思ってください。

閉経以降の女性に多い病気ですが、最近は若い人にも増えてきています。月経不順や無月経の人、母親や姉妹など家族が子宮体ガンになったことのある人は、リスクが高くなります。

子宮頸ガンも子宮体ガンも、検診を定期的に受けることがいちばん肝心です。自治体や職場の検診を利用して、年に1回は必ず受けたいものですね。⇒「婦人科受診」の項

子宮頸ガンはウイルスによって発生

20代・30代の女性に急増中

日本では年間約15000人の女性が子宮頸ガンになり、約3500人が亡くなっています。これは1日に約10人が亡くなっているということ。子宮の入り口に出来る子宮頸ガンは他のガンと違い20代・30代の患者が急増しています。

ウイルスで細胞がガン化

子宮頸ガンは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで引き起こされます。多くの場合、セックスで感染すると考えられていて、性交経験がある女性の80%が50歳までに一度は感染するといわれていますが、全ての人が子宮頸ガンになるわけではありません。HPVは100種類以上の型があり、ウイルスのタイプによっては自然に治ることもありますが、子宮頸がんに進行する可能性もあるので、定期的に経過観察が必要です。

子宮頸ガンはワクチンで予防する時代に!

欧米諸国ではHPVに有効なワクチンが普及し、女児へのワクチン接種が積極的に行われています。日本でも2009年10月に認可されました。このワクチンは、半年の間に3回の接種が必要なワクチンで、子宮頸がんの約70%を引き起こすといわれている発がん性ウイルス(16型と18型)に有効です。ワクチンの持続効果としては、現時点でワクチンを接種してから最長で6.4年までは予防できることが確認されていますが、20年以上は有効との見通しですからぜひ検診と共に接種しましょう!

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm