用語集

用語集

あ行

ED(勃起障害)[イーディー]

男性がセックス時に勃起できない状態のこと。心因性のほか、糖尿病や肝臓病など内科系の病気を持っている場合もある。男性側の不妊の原因のひとつ。

MRI[エムアールアイ]

Magnetic Resonance Imaging(=磁気共鳴映像法)の略。磁気の共鳴を利用することで、体内の状態を映像として診る検査法。明暗が鮮明で、いろいろな角度から写すことができるので、体内の状態を詳しく調べたいときに用いる。

会陰切開[えいんせっかい]

会陰は、膣の出口と肛門の間の部分。お産の際、いきみが続き、胎児の頭が出てくる最後の段階になると、うまくくぐり抜けられるよう会陰は薄く引き伸ばされる。しかし、伸びが悪く会陰部の開きが十分でない場合や、胎児を早く出す必要がある場合などに、会陰を切開することをいう。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)[エッチ・アイ・ブイ]

エイズ(後天性免疫不全症候群[こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん])の原因となるウイルス。免疫細胞に感染すると増殖して免疫力を低下させる。血液、精液、膣分泌液、母乳などが感染源。エイズの潜伏期間は約10年間あり、発症すると重い病気を引き起こし、命にかかわることもある。(→STD

LHサージ[エル・エッチ・サージ]

黄体化ホルモン(LH)が一過性に放出される現象のこと。卵胞が大きくなりエストロゲンが十分な量まで増えると、脳の下垂体から黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌され、それに卵巣が反応することで排卵が起きる。

黄体化ホルモン(LH)[おうたいかホルモン]

脳下垂体から分泌されるホルモン。卵巣内の卵胞が成熟すると分泌され、排卵を促す。(→女性ホルモン

黄体ホルモン(プロゲステロン)[おうたいホルモン]

黄体から分泌される。排卵直後から分泌量が多くなり、受精卵の着床に備えて子宮内膜をやわらかくする働きがある。そのほかに、体温を上げ、血管を拡張させて骨盤内に血液をため込んだり、水分を体内に貯えたり、乳腺の発育を促すなど、妊娠を維持するために必要な準備を手伝う。(→女性ホルモン

黄体[おうたい]

排卵したあとの卵胞が変化したもの。黄体ホルモンと少量の卵胞ホルモンを分泌する。

黄体機能不全[おうたいきのうふぜん]

排卵後に増えるはずの黄体ホルモンの分泌量が不十分で、子宮内膜が受精卵の着床に適さない状態になっていること。不妊の原因になったり、妊娠しても流産しやすくなるため、高温期に黄体ホルモンを投与して子宮内膜の成熟をうながすといった治療を行う。

おなかの張り[おなかのはり]

妊娠中、おなかが張ったように感じること。子宮の収縮運動により、子宮がかたくなるために起こる。ほとんどが生理的な現象だが、流産や早産などトラブルのサインである場合もみられる。
>> ユニ・チャーム「ムーニー(妊娠・出産・育児初めてレッスン)」へ

か行

  • はばたけソフィガール アイディア会議
  • 女の子だけがわかる歌
  • はじめてからだナビ
  • はばたけソフィガール

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm