ソフィKiyoraの香り誕生秘話-生理用品のソフィ
  1. Home
  2. 商品一覧
  3. ソフィKiyora
  4. ソフィKiyoraの香り誕生秘話

香りの誕生秘話 Story

「ソフィ Kiyora」香りへのこだわり
他にはない多機能で上質な香りを求めて

香りの誕生秘話

新しくなったパンティライナー「Kiyoraフレグランス」の上質な香りは、パフューマー(調香師)との共同開発により誕生しました。厳選して調合された「Kiyora」の新しい香りを、ぜひ体感してください。

「パフューマー」という仕事をご存知ですか?

およそ2000種類もの香りを嗅ぎ分け、調合して、新しい香りを生み出す香りのスペシャリスト、それが「パフューマー」(調香師)です。テーマやイメージにあった香りを作るには、技術や経験のほかに、想像力やトレンドを読む力も必要となります。

新しいKiyoraは、香水のような上質な香りを求めて、これまでさまざまな香りの商品開発に携わり、その香りで人々を癒してきたベテランパフューマーにフレグランスの共同開発を依頼しました。

アロマテラピーなどの流行で、“香り”が脳に直接伝わって、気分にも作用するということは広く知られるようになりました。そこで、Kiyoraの新しい香り開発においても、「香水のような上質な香り」であることに加えて、「キモチに働きかける香り」をコンセプトとしました。さらには、おりものの臭いに対する「軽減効果」も同時に追求し、これまでにない“多機能な香り”の開発を行いました。

「依頼を聞いたときは、正直、戸惑いました」と語るパフューマー。

そこから数ヶ月に渡る香り探しの旅がスタートしました。香りのイメージとして「リラックス」「ゴージャス」「リフレッシュ」という3つのテーマを掲げ、そのキモチに働きかける香りを研究。

海外のパンティライナーの香りを分析したり、国内のフレグランス商品をひとつひとつ解析してトレンドを把握するなど、地道な作業を積み重ねた結果、1つの商品につき約50~60種類もの香りを調合、試行錯誤を重ねた結果、Kiyoraにふさわしい香りが誕生したのです。

さらに、13年春には「透明感」「清潔感」をキーワードにした香り、14年春には「リラックス」をキーワードにした香りが誕生しています。

こうして、パフューマーとの共同開発で生まれたのが・・・

Kiyoraの5種類のフレグランス。

近年のトレンドでもあるフローラルをベースとした上質な香りに仕上がりました。

  • ローズやリリーが調和する甘いフローラルの「やさしいローズの香り」は、心を落ち着けて優しいキモチにしてくれます。
  • ラズベリーの香りとともに、優雅で気品あふれるブルガリアローズが香る「贅沢なイランイランの香り」は、ロマンチックでゴージャスなキモチにしてくれます。
  • さわやかなシトラスフルーツとすっきりとしたすずらんをベースに、みずみずしいハーブのエッセンスが香る「爽やかなグリーンの香り」は、凛としてさわやかなキモチにしてくれます。
  • 清潔感あるジャスミンや、やわらかなホワイトフローラルが広がる「清楚なホワイトフローラルの香り」は、きちんとした清楚なキモチにしてくれます。
  • 繊細なローズとイリスを基調としたフローラルに、パウダリーな香りを調和させた「くつろぎのフローラルムスクの香り」は、心がほぐれ癒されたキモチにしてくれます。

気分を変えたり上げたりする『リフレッシュ効果』、さらには気になるおりものの臭いを和らげる『軽減効果』も加わった、まるで香水のようなKiyoraの香り・・・パフューマーによって厳選された今までにないパンティライナーの香りを、是非手に取って体感してみてください!