1. Home
  2. 生理のケア&アドバイス
  3. 生理中の悩み
  4. 原因は酸素不足!生理中の貧血を解消する治療法

原因は酸素不足! 生理(月経)中の貧血を解消する治療法

原因は酸素不足! 生理(月経)中の貧血を解消する治療法 原因は酸素不足! 生理(月経)中の貧血を解消する治療法

女性に多い貧血は、主に鉄分不足からくる「鉄欠乏症貧血」です。毎月の生理とともに鉄分が失われる女性は、そもそも貧血になりやすいのですが、無理なダイエットや偏食なども症状を悪化させる原因になります。健康や美容にも悪影響を及ぼす貧血がないよう、いま一度生活習慣や食生活を見直してみましょう。

辛い貧血の原因と対処法

貧血の症状

貧血の症状

●最も多い貧血は、鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」

貧血とは、血液中の赤血球の成分ヘモグロビン(血色素)が少なくなった状態のことです。原因によっていくつかの種類にわけられますが、いちばん多いのはヘモグロビンの材料となる鉄分が不足しておこる鉄欠乏性貧血です。女性の貧血の約70%は、この鉄欠乏性貧血と言われています。いわゆる貧血という場合、このタイプを指すことが多いでしょう。ほかに、正常な血液がつくれなくなってしまう再生不良性貧血、交通事故などによる大量出血が原因の失血性貧血、高齢者などにみられる、ビタミンB12や葉酸が不足しておこる悪性貧血、赤血球自体が破壊される溶血性貧血などがあります。

●「鉄欠乏性貧血」のおもな症状をチェック!

赤血球というのは血液の大切な成分で、カラダのすみずみまで酸素を運び、不要となった炭酸ガスを肺に持ち帰るという役割をしています。そのため「鉄欠乏性貧血」による鉄分不足で赤血球をつくれなくなると、カラダが酸素不足状態になり、さまざまな不調を引きおこすばかりか、顔色が土気色になったり、黄色くくすんで見えたりするなど、美容面にも悪影響があります。

●立ちくらみで倒れそうになるのは「脳貧血」です

「鉄欠乏性貧血」と混同する症状として、通勤途中や朝礼などの最中にめまいがして倒れそうになる…などといったことがあります。これらの症状は脳貧血です。貧血と間違えられますが、脳貧血は鉄分不足でおこる「鉄欠乏性貧血」とはまったく別のもの。正式には「起立性低血圧」といい、自律神経の乱れや低血圧が原因です。これは長時間立っていたり、急に立ち上がったりしたときに、血圧の調整がうまくいかず、脳への血液が一時的に減ることでめまいやたちくらみなどがおきます。脳貧血がおきたら、足を高くして横になるのがいちばん。学校や会社なら、保健室や休養室などカラダを横にできるところで休みましょう。

貧血の原因は何?

貧血の原因は何?

●女性が貧血になりやすいのは毎月の生理、妊娠・出産にも原因があります

女性は毎月の生理で鉄分が失われるので、もともと貧血になりやすい傾向があります。とくに、中学生や高校生などカラダが急激に成長する時期には、鉄分が不足して思春期貧血がみられますし、妊娠、出産、授乳期にも鉄分がいつもより多く必要とされるので、注意が必要です。また、最近の若い女性に増えているのが、極端なダイエットや偏食が招く鉄分不足です。ダイエットのためにとひとつの食品だけを食べ続けたり、カップラーメンや菓子パン、ファーストフードで食事をすませたりしていると、栄養がかたより、鉄分不足になってしまいます。

●鉄分が不足するとカラダが酸素不足になり、「鉄欠乏性貧血」に

女性の貧血の約70%の割合を占める鉄欠乏性貧血では、全身に酸素を運ぶヘモグロビンが不足し、酸素不足になります。そこで、少ない酸素をカラダ中に行き渡らせようと、心臓がフルに活動しなければならず、心臓に負担がかかります。おもな症状は、カラダがだるい、疲れやすい、動悸[どうき]・息切れがする、めまいや立ちくらみがある、頭が重い感じがある、まぶたの裏が白い、顔色が土気色になる、爪の真ん中がへこんでスプーン状になる(スプーンネイル)、爪が薄く割れやすくなる、などです。ただし、鉄欠乏性貧血はゆっくりと進行するので、本人が症状に慣れてしまい、気づかずに放置されていることも少なくありません。

●病気が原因となっていることも。心配なら早めの受診を

なんらかの病気が原因で貧血がおこっている場合もあります。よくみられるのは、子宮筋腫や子宮腺筋症による過多月経、痔の出血、胃潰瘍や胃炎による出血などです。もしも病気が発見された場合は、原因となっているそれぞれの病気の治療を同時に行う必要があります。

貧血予防のセルフケアと治療法

貧血予防のセルフケアと治療法

●貧血にいちばん必要な栄養素とは?

血の赤い色のもととなるのが、赤血球中のヘモグロビンです。貧血の人は簡単にいうと、このヘモグロビンが不足し、血液が薄くなっている状態。ヘモグロビンの材料は主にたんぱく質や鉄分ですが、とりわけ重要とされる鉄分はカラダの中でつくることができないミネラルなので、食事などで外からおぎなう必要があります。

●鉄分を効率よくおぎなう方法は?

鉄には、カラダに吸収されやすい「ヘム鉄」と吸収されにくい「非ヘム鉄」があります。「ヘム鉄」は魚や肉に、「非ヘム鉄」は野菜、貝類、穀物に含まれていますが、貧血の解消にはより吸収されやすい「ヘム鉄」が含まれる食品を積極的にとるようにしましょう。

レバーをはじめ、肉、魚、卵黄などの動物性食品はヘム鉄を効率よくとれるのでおすすめです。あわせて、鉄分の吸収をうながすビタミンCや、ヘモグロビンをつくるタンパク質とミネラルなどもとれば効果も倍増します。以下の表を参考に、鉄分を多く含む食品を食事にじょうずにとり入れてみてくださいね。なお、タンニンを含む緑茶やコーヒー、インスタント食品は鉄分の吸収を妨げるので注意しましょう。

鉄を多く含む食品

昆布 煮干し のり レバー 貝類 ごま 大豆 パセリ 魚の血合い うなぎ プルーン 緑黄色野菜

●過度なダイエットは厳禁! バランスよく食べましょう

検診や人間ドックなどで貧血が見つかった場合は、まず内科や婦人科を受診して、原因を調べてもらうことが大切です。検査の結果、とくに病気ではなく、軽度の鉄欠乏性貧血とわかれば、食事による改善を行います。まずは、栄養バランスを考えた食事を、1日3食きちんととるようにしましょう。ダイエットは、しばらく中止です。ただし、重度の貧血の場合は食事療法だけでは追いつかないので、医師に鉄剤とビタミンCを処方してもらい鉄分をおぎないますが、胃が弱くて服用できない場合は静脈注射もあります。

この記事を読んだ方は、

次のキーワードの記事も読んでいます。

CALENDAR 生理カレンダー

CHECK あなたにぴったり診断

CAMPAIGN キャンペーン