1. Home
  2. 生理のケア&アドバイス
  3. 生理の変化
  4. 【医師が解説】生理と下痢の深い関係

生理のたびに下痢に悩まされている人に

生理中の下痢に悩む女性 生理中の下痢に悩む女性

生理前は便秘気味でお腹の張りに悩まされていたのに、いざ生理が始まった途端に下痢気味になるという悩みを抱えている人は少なくありません。しかも、生理中の下痢は原因がよくわからず、対処法がわからない女性も多いでしょう。ただでさえ、生理中は生理痛や心身の不調に悩まされがちですから、できれば下痢についてはあらかじめ予防したいですよね。ここでは、どうして生理になると下痢になるのか、そのメカニズムを解説します。

<INDEX>

なぜ生理中に下痢になる?生理と下痢の関係は

生理中の下腹部痛・下痢に悩む女性

生理中に下痢になりやすいのは、ホルモンバランスの変化と、内臓や血管の壁にある平滑筋という自分の意志では動かせない筋肉の収縮が主な要因です。

 

女性のカラダは、生理周期にあわせて、およそ1ヵ月サイクルでホルモンバランスの変動がおこります。まず、排卵前後にかけて黄体ホルモンの分泌量が増えていきます。黄体ホルモンは子宮の収縮を抑制するだけではなく、腸の収縮運動も抑制するため、腸の動きが悪くなってしまいます。生理前に便秘気味になるのは、このことが原因です。

 

その後、生理が始まると黄体ホルモンの分泌量が減少するため、便秘は解消されます。しかし、今度は平滑筋を収縮させるプロスタグランジンが子宮から分泌されるため、子宮の収縮に連動して腸の収縮も大きくなり、生理痛や下痢がおこりやすくなります。また、生理中は精神的に不安定になりやすく、ストレスが下痢の引き金となるケースも少なくありません。

生理中の下痢はどうやって予防する?

生理中の下痢に悩まされないためにも、自分でできる予防策を知っておくと安心。ちょっとした心がけが下痢予防につながるので、ぜひ参考にしてください。

生理中に下痢がおこる原因を確認する女性

冷え対策

生理中の下痢を予防するためには、まずカラダを冷やさないように気をつけましょう。普段以上に着用する衣服や防寒具に気を配り、下腹部を冷やさないことが大切です。

 

>みんなどうしてる?生理中の冷え対策ファッション

食べ物・飲み物

下痢を引きおこしやすい刺激のある飲み物や食べ物は控えましょう。辛いものや冷たい飲食物以外にも、果物や豆類に含まれる糖類や甘味剤には、腸内に水分をためる作用があり、下痢をおこしやすくなるので注意が必要です。コーヒーは消化器に刺激を与えるため、下痢をおこしやすくなります。生理中は、できるだけこれらの飲食物の摂取を控えましょう。

 

生理中に限ったことではありませんが、食べ過ぎや早食いによる消化不良が原因で腸内にガスが発生すると、腸の粘膜が刺激されて異常収縮をおこし、下痢になりやすくなります。普段から食事はしっかり噛んで、ゆっくり食べるように心がけてください。

 

>生理中におすすめの食べ物

下痢止め薬

もし、通勤や通学中の下痢が不安なら、水なしで飲める下痢止め薬を持ち歩くようにしておくと安心です。また、生理中の腹痛や胃痛、吐き気、下痢などの症状は、すべてプロスタグランジンにより引きおこされているものです。そのため、プロスタグランジンの過剰分泌を抑制できる鎮痛剤を服用しておくと、生理痛や下痢の予防効果が期待できます。

生理中に鎮痛剤を服用するときのポイント

生理中の症状を緩和してくれる薬

生理痛をやわらげるために鎮痛剤を服用すると、癖になって効かなくなると考えている人もいますが、そのような事実はありません。生理痛や下痢などの不快な症状をガマンするのは自分が辛いだけですので、無理をせず鎮痛剤の服用も検討しましょう。

 

鎮痛剤の中には、生理前に服用することでプロスタグランジンの過剰分泌を抑制し、生理痛だけではなく、下痢や胃痛、吐き気などの消化器系の症状をやわらげる効果が期待できるものがあります。

 

鎮痛剤を服用する場合、痛みを感じたら早めに服用しましょう。
生理痛がひどい人は、痛みの強くなると予想される日には痛みが弱いうちに使うと効果的です。鎮痛剤は痛みや下痢などの原因物質を抑制するものであるため、原因物質が大量に分泌されて我慢できないような痛みが始まってからでは、十分な効果を期待することができません。

 

ただ、あまりにも生理痛が重い場合や、生理周期に関係なく下痢や便秘が続く場合は、一度病院で相談しましょう。日常生活に支障が出ているような重い生理痛は月経困難症の可能性がありますし、下痢や便秘が頻繁におこる場合は過敏性腸症候群などの消化器系の病気になっている可能性もあります。特に、月経困難症は子宮内膜症などの女性器疾患の可能性もあるため、婦人科で適切な治療を受けることが大切です。

婦人科で処方してくれる薬についても知っておきましょう

毎月ひどい生理痛や下痢の症状に悩まされているのであれば、まず病院で相談しましょう。症状によって、痛みを誘発するプロスタグランジンの過剰分泌を抑制させる非ステロイド系抗炎症薬や、生理前の不快な症状を緩和してくれる漢方薬が処方される場合もあります。

 

漢方薬は、直接的に下痢や痛みを緩和するのではなく、症状を引きおこすとされている血液や血液循環の異常を正常に整え、体質改善させることを目的とします。漢方薬は症状だけではなく体質を考慮して処方されるため、同じ症状でも人によって違う漢方薬が処方されることもあります。

 

たとえば、虚弱体質で冷え性の人にはカラダを温めてくれる漢方が、手足のほてりや唇が乾く体力が普通以下の人には、血液循環の異常やホルモンバランスを整えてくれる漢方が処方されます。

 

漢方薬による治療は、症状緩和のために体質から改善することを目的としているため、治療に時間がかかることが多いです。しかし、鎮痛剤と併用して症状を緩和しながら体質改善を目指せば、次第に薬なしでも不快な症状に悩まされにくくなる可能性があります。漢方薬による治療を望む場合は、漢方医のいるクリニックで相談するようにしましょう。

 

また、低用量ピルも生理痛や下痢の症状をやわらげる効果が期待できます。ピルにより排卵が止まると、プロスタグランジンの生成が抑制され、子宮内膜も厚くならないため、結果的に経血量が減って生理痛が緩和されます。ただ、低用量ピルはタバコを吸う人は服用できないなどの条件があります。低用量ピルを希望する人は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

>低用量ピルにはどんな作用がある?知っておきたい基礎知識

クリニックで診察を受け薬を処方してもらう女性

生理中の下痢予防には生活改善も忘れずに

カラダが冷えないように気をつける女性

生理中の下痢対策として、もっとも手軽で簡単な方法は下痢止め薬や鎮痛剤の服用です。ただ、生理中は普段よりもカラダがデリケートなため、冷え対策などのセルフケアも同時に取り入れましょう。

 

たとえば、生姜などカラダを内側から温めてくれる食材を料理に取り入れたり、湯船に浸かってカラダを温めながらリラックスしたりすることが大切です。

 

また、生理が始まるおよそ1週間前から、散歩や全身の屈伸運動をすると、生理痛の原因にもなる骨盤の血流が滞るのを予防できます。こまめにカラダを動かすことは、冷えの原因になる全身の血行不良の予防にもつながります。カイロなどのグッズを活用することもおすすめです。

 

このほか、栄養バランスの良い食事を心がけ、食物繊維を多めに摂取する、しっかりと質の良い睡眠をとるなどの生活習慣の見直しもしましょう。生理による下腹部痛や便秘はストレスにより悪化することも多いため、リラックスできるアロマテラピーやヨガ、ツボ刺激など、自分にあったリラックス法で不快な症状をやわらげましょう。

【記事監修医】
西山紘子先生
社会福祉法人 恩賜財団済生会支部東京都済生会
東京都済生会中央病院/産婦人科医

生理のことがもっとわかる♪

この記事を読んだ方は、

次のキーワードの記事も読んでいます。

CALENDAR 生理カレンダー

CHECK あなたにぴったり診断

CAMPAIGN キャンペーン